eizo.help

基礎知識から新情報まで。映像制作の情報サイトです。Premiere ProやAfter Effectsといった編集ソフトウェアの情報、技術・演出のテクニック、日々の制作に役立つトレンド等を日々紹介しています。

制作メモ:Object Instancerで複製時にモディファイアとアニメーションが適応されない場合の対処方法【Blender Animation Nodes】

BlenderのAnimation Nodesの機能の1つである「Object Instancer」は、オブジェクトを複製する際に頻繁に使うノードです。

デフォルトでは複製時に、モディファイアとアニメーションが適応されないので、その変更方法を記載します。

続きを読む

制作メモ:Viewport Input(旧: Data Input)の仕様変更について【Blender Animation Nodes】

Animation Nodesには「Viewport Input(旧: Data Input)」という機能があり、アニメーションノードに対してビューポートからデータを渡すことができます。

Animation NodesのBlender 2.8対応に伴い、仕様変更があったのでまとめます。

続きを読む

短時間で効率的に学べるBlenderの無料チュートリアル/厳選3本

短時間で効率的に学べるBlenderの無料チュートリアル/厳選3本

忙しい毎日の空き時間にサクッと学べるBlenderチュートリアルをご紹介します。すべて無料です。

ほとんどが1分〜数分なので、1つのテクニックを短時間で取得できますし、手順を忘れた際でもすぐに再視聴できますよ。言語は英語ですが、画面を眺めるだけでも理解できるものばかりです。

続きを読む

【Blender 2.8対応】Animation Nodesアドオンのインストール手順と起こりがちな問題の解決

【Blender 2.8対応】Animation Nodesアドオンのインストール手順と起こりがちな問題の解決

ノードベースでアニメーションを作成できるアドオンの「Animation Nodes」は非常に強力なツールです。正式公開はまだ先で、2.81以降とアナウンスされているのですが、既に2.8で動作するテストバージョンが公開されています。

私も早速インストールを試みていたのですが、色々とトラブルに見舞われてしまいました(泣)。そこで、わかりやすくインストール手順をまとめてみます。

続きを読む

【更新あり】Blender2.8の次期バージョン「2.81」の情報が明らかになってきた

3DCG業界に大きなインパクトを与えたBlender 2.8。早速次のバージョン「2.81」の話題が出ていたので、ご紹介します。気になるリリース候補日も。

【追記2019.8.28】新情報(オリジン関係)を追記

続きを読む

制作メモ:スムーズシェードがONなのにフラットシェードのように見える場合の対処方法【Blender】

スムーズシェードのオブジェクトでも、リメッシュモディファイアがかかっていると、フラットシェードになってしまうことの対処方法です。

続きを読む

制作メモ:配列モディファイアで複製したオブジェクトをランダムに変形・移動・回転させる方法【Blender】

配列(Array)モディファイアで複製したオブジェクトを、個々のオブジェクトに分離して、ランダムにトランスフォームする方法をご紹介します。

Cinema4DのMographのようなテクニックをBlenderで何とかできないかと模索中です。

続きを読む

制作メモ:ノードのラインを旧バージョンのようなカーブした線に変更する方法【Blender】

Blender 2.8になってから、ノードを繋ぐ線が直線になりました。

違和感がある場合は、環境設定から変更可能です。

続きを読む

制作メモ:マウスドラッグでズームする際の方向を変更する方法【Blender】

マウスドラッグでズームする際、Blenderは垂直方向がデフォルト。

方向は、環境設定で変更可能です。

続きを読む

制作メモ:複数のオブジェクトを各原点を中心に、まとめて変形する方法【Blender】

Blenderで複数のオブジェクトを、それぞれの原点を中心に変形する方法。

Illustratorでいうところの「個別に変形」に似た操作。

続きを読む

Blender2.8の新機能「IESライト」で表現がよりリアルに!解説と使い方!

Blender2.8の新機能「IESライト」で表現がよりリアルに!解説と使い方!

Blenderのバージョン2.8で追加された「IESライト」について解説します。実際の照明から測定されたデータを利用し、リアルな光の陰影(ムラ)を表現できます。

建築系のCGでは広く利用されている機能ですが、設定も簡単なのでオススメです。

続きを読む