eizo.help

基礎知識から新情報まで。映像制作の情報サイトです。Premiere ProやAfter Effectsといった編集ソフトウェアの情報、技術・演出のテクニック、日々の制作に役立つトレンド等を日々紹介しています。

【Weekly Pickup】映像&CGのオススメ情報をピックアップ!(2019.10.5)

f:id:tasoba:20191005201805j:plain

最新情報をまとめて紹介する、Weekly Pickup。

1週間があっという間にすぎてしまった印象で、心に残るニュースも少ない感じ。内容が少なめですが、早速いきます。

 

AdobeSubstance製品の永久ライセンスを販売終了へ

www.borndigital.co.jp

やっぱり、そうですよね。

AdobeSubstanceを買収した時に、Creative Cloudに入るのかと思いましたが、全くの別路線で行くようです。AdobePhotoshopでなんとかハイエンドCG業界に食い込んでいる印象。なんとかSubstanceを足がかりにしたいと考えているのでしょうか。

サブスクには賛否ありますが、きちんと開発が継続されるなら良いことだと思います。

SONY、「α9 II」を2019年11月1日似発売予定

www.sony.jp

正当進化、という印象でしょうか。

ミラーレスはやっぱりソニーなのかと思わせる、不足ない性能。私はレンズ資産的になかなかCanonから離れられないのですが、プロビデオカメラで信頼感のあるソニーは、周りの映像業者さんでも評判が良いです。うーん、乗り換えるべきなのか。

マンフロットの新ロック機構を採用した三脚が良い感じ

www.cinema5d.com

見た目で既に使ってみたいと思わせてます。

三脚の軸カバー部分?を回してロックする機構で、使い勝手がとてもよさそう。撮影現場は、寒いとか熱いとか、手がかじかむとか滑るとか色々なのですが、そのあたりで不満なく操作できるなら、かなり優秀なのではないでしょうか?

ゴミ箱MacProっぽいASUSワークステーションが良い感じ

www.asus.com

見逃してましたが、これならWindowsでいいかも。

発表はずいぶん前なのですが、ASUSから現行Mac Proっぽい形状のPCが出ていました。CGWORLDのこちらのPR記事で知ったのですが、記事にはプロ視点で色々書かれているので参考になります。

ストレージは外付けに頼らないといけないのですが、現行MacProでそういう運用をしている人ならすんなり移行できそう。それにしても性能の割に安くて、いかにMacが高いかを思い知らされます。

CGWORLD Online Tutorialsで、Blenderのオンライン講座がスタート

cgworld.jp

Blenderに注目があつまってます。

これから3DCGを学ぶ人向けのオンライン講座で、受講料は1,000円とお手ごろ価格。ソフトが無料で手に入ることもあって、若手はBlenderからCG業界に入ってくる時代になるのかもしれません。

毎週のお楽しみ、今回はフリーオーディオプラグイン

www.toolfarm.com

Toolfarmの#FreebieFridayでは毎週いろいろな無料ツールが紹介されているのですが、今回はとくに興味深いオーディオプラグインでした。

標準的なプラグイン形式なので、多くのソフトで使えそうです。編集ソフト純正のもので何とかしようとしがちですが、プラグインは別のアルゴリズムを採用していたりと、使い勝手や品質が格段に良い場合も。おすすめです。

荒木泰晴氏、機材保管について語る

www.pronews.jp

何度か紹介している荒木泰晴氏の新しい記事。今回も楽しく読めました。

それにしてもすごい機材量ですね...。

機材の小型化にまつわる政治的な話

ameblo.jp

マットボックスというカメラレンズの先端に付ける機材のお話です。

意味はあるのですが、あんまり使わない(というか使ってられない)やつ。映画とかじっくり時間をかけて撮るようなものなら良いのかもしれません。記事中にもありますが、「見た目」の部分が大きいのが昨今の機材事情ですね。

まとめ

情報があんまり無いといいつつ、書いてみたら結構ありました(笑)

個人的には、最近あんまりワクワクするようなニュースがない気がしています。主な理由はAppleAdobeなんだろうと思いますが...。年末までになにか起こればいいなー。